食品メーカー求人<営業・販売促進>

食品メーカー求人TOP >> 職種別の食品メーカー求人 >> 食品メーカー求人<営業・販売促進>

食品メーカー求人<営業・販売促進>

食品メーカーの実際の売上をあげている職種といえば、営業や販売促進の仕事になります。営業職の仕事としては、基本的に顧客は卸売業者になり、その他にも商品の流通先の末端であるスーパーや小売店へも直接に出向き行う営業も存在しています。他にも、小売店などが宣伝のために利用をしているチラシなどにも商品を掲載してもらうための交渉なども食品メーカーの重要な役割になってきます。こういった分野では、広告や広報といった部門の担当になることもありますが、営業担当者が兼任することもあるのです。

実際に食品メーカーの営業職の求人を見てみると、食品メーカーでは最も多い求人数を誇っている職種と言えるでしょう。食品メーカーにも様々に存在していますから、個人消費者向けの商品と、業務用向けの商品、またその両方を取り扱っている食品メーカーに分けることが出来ます。顧客というものが違ってくるために、当然にそれぞれの営業担当者に求められるものが違ってきます。

一般的にイメージがし易いのは、例えばスーパーへの営業でしょう。こういった場合、自社の自分が担当している商品を営業先のスーパーにおいてもらうために、商品に関しての様々な情報を集め、それを分析し、商品のプレゼンを行い、商品を取り扱ってもらうために営業をかけていきます。スーパーに出向き、商品の陳列などを行うことも頻繁にありますから、まず体力面は重要視されることでしょう。

営業職は、販売店に対してどれほどに足を運び顔を出すかという所がポイントになってきます。特に日本人の場合には、顧客に対しての忠誠心といったものを重要視する傾向にあります。そのためにも、やはり体力面が充実している人材の方が望ましいと言えるでしょう。それにプラスして高いコミュニケーション能力は必須です。事務的な人間よりも人間味といったものを重要視される傾向が高いのです。

営業職としての実績などは、あまり転職成功には関係ないかもしれません、食品メーカー各社が求めている営業担当者に関しての人材像というものを、しっかりと把握しておくことが大事なのです。それぞれに企業イメージというものや、主力としている取引き先というものは違っていますから、こういったものは食品メーカーの数だけ違っていますので、事前に情報を収集することが大事なのです。転職活動は、転職エージェントを介して行うのがベストでしょう。それぞれのメーカーの内情は知っていますし、求められる人材は把握していることでしょうから。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.