食品メーカー求人<研究>

食品メーカー求人TOP >> 職種別の食品メーカー求人 >> 食品メーカー求人<研究>

食品メーカー求人<研究>

食品メーカーの花形の仕事といえば、メーカーの商品を作り出す、研究職でしょう。食品メーカーには専門の研究所があったり、開発部門というものが必ず存在します。その食品メーカーのスタンダード商品の別の味を生み出したり、企画から上がってきた商品の求められている味を生み出すといったものが、食品メーカーの研究職の仕事になります。当然に研究職の人員がいなければ、その食品メーカーからは、新商品を作り出すことは出来ないため、ある意味で食品メーカーの肝のような存在になるのです。

また、自社の新商品の試作と試食を繰り返すといった作業ばかりではなく、大手外食産業チェーンなどのメニュー開発の仕事が回ってくることも当然にあります。食品メーカーの研究の仕事は非常に多くの人間と関わりあう仕事であるため、研究を黙ってしていれば良いという仕事ではないのです。イメージとしては、一人で黙々とフラスコを眺めていればいいというようなものでしょうが、実際には全く違っているのです。

より多くの人間とコミュニケーションを取らなければならないために、コミュニケーション能力の高さと、チームワークを大切にする協調性の高さ、そして人間性というものが重要になってくるのです。いくら大学などで高尚な研究をしてきたとしても、コミュニケーション能力のない方は、食品メーカーの研究職の求人に引っかかることはないでしょう。

他にも食べ物に対しての豊富な知識が求められます。また、味覚は敏感なものが求められますし、専門知識というものはかなり深いものを要求されることになります。ある程度の学歴や研究実績というものが重要視される職種になりますから、こういったことをしっかりと把握した上で転職活動をしていくべきでしょう。転職エージェントなどに登録をし、自分のこれまでの学歴や職歴を提示して、食品メーカーで通用するレベルであるのかを確認しておきましょう。

同じ研究職でも、医薬品関連の求人に比べて、食品メーカーの研究職は数えるほどしか見られません。公開求人はという限定ではあるものの、やはり個人レベルで良質な求人と巡り会うことは難しいといえるのです。数少ない公開求人の中では、品質管理系の研究職や、原料や製品に有害なものが含まれていないのかの分析などの仕事が多く見られています。研究職でも新しい味を作り出すという仕事もあれば、このように品質管理や安全のための研究職も存在しているのです。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.