転勤なしの食品メーカー求人

食品メーカー求人TOP >> 条件別の食品メーカー求人 >> 転勤なし

転勤なしの食品メーカー求人

食品メーカーについて調べてみると、県外に営業所などが存在している場合が珍しくありません。そのため、転職があるのかを気にする人も少なくないでしょう。求人票を見てみると、転職についてはまちまちです。食品メーカー全体で見てみると、一概には言えないというのが正直なところです。

食品メーカーの場合、転勤は企業や部門によるところが多いです。まず、食品工場においては転勤の頻度は低いと言われています。求人票を見ても、転職アリとなっているものは多くありません。同じ工場で経験を積んだ方が良いためでしょう。また、食品の研究職の場合も必然的に転勤は少なくなります。研究施設の数はそれほど多くはありません。そのため、最初に所属した場所から転勤する必要がないからです。さらに、小企業の場合も、転勤の頻度は低くなっています。そのため、そこそこの仕事量で転勤を避けたいのなら、そうした企業や部門を選択するのがおすすめです。一方で、営業職の場合は他部門に比べて転勤は多くなります。営業職の転勤が多くなるのは、他業種と同じく、別の職場を経験させることでスキルアップを図らせることが目的です。また、会社の中を活性化させるという意味もあります。

食品の業界では、顧客と必要以上に親しくなることで企業内に気のゆるみが起きる可能性もあります。それを避けるための措置ともいえるでしょう。総合すると、食品メーカーにおける転勤の頻度は他業種に比べて極端に多いものではないということです。ただ、大手になるとまた話は変わってきます。規模の大きい大手の食品メーカーは、全国に展開しています。そのため、各地の営業所に転勤を行うケースは少なくありません。しかし、大手の食品メーカーは、属していると強力なブランドを得ることが出来る利点があります。転勤が多いけれど有利な大手を選ぶか、転勤の少ない環境を選ぶかは、自分のライフスタイルに合わせましょう。

転勤というのは社員にとって大きなイベントです。転勤すると大きく生活が変わることになります。まれに人事的な懲罰として転勤となることもありますが、基本的には成長の機会となるものです。もちろん、家庭の事情もあってあまり転勤などはしたくないという意見も当然のものです。そして、転勤は会社の上層部の判断であって原則断ることが出来るようなものではありません。自分に合っているのはどのようなスタイルで、自分はどのように働きたいのか。転職する際にはそこをしっかりと考えた上で、選ぶと良いでしょう。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

条件別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.