激務でない食品メーカー求人

食品メーカー求人TOP >> 条件別の食品メーカー求人 >> 激務でない

激務でない食品メーカー求人

食品メーカーの仕事は、常に責任を求められる仕事です。常に安心安全な食品を提供し続けることが求められ、信頼を失うと大きな痛手となります。そうした責任を果たすに当たって、肉体的精神的な余裕は必要です。激務が続くと、人の集中力は落ちていきます。自由な時間は能率的に働くため必要です。そこで、食品メーカーにおいてはそうした自由な時間というものは作りやすいものなのでしょうか。

一般的に食品メーカーの勤務時間は朝から夕方、9時に就業が開始されるパターンが多いです。工場勤務の場合、早朝からの勤務になる可能性もありますが、こちらでも9時間拘束で実働時間は8時間前後でしょう。残業については企業によって異なりますが、大体の場合は極端に遅くなるのが常ということは少ないようです。もちろん、古い体質を残して長時間労働を強いる会社もあるようなので、事前の調査はお気を付けください。休暇に関しては週休2日というのが基本です。工場勤務である場合には、シフト制であったり、土日に仕事があったりするケースもあります。

その他にも営業職が土日出勤を行うケースもあるようです。食品メーカーの主な顧客は消費者ではなく、問屋や消費者に販売する小売店、量販店もあります。小売店や量販店は土日も稼働しています。すると、問い合わせなどがあれば相手に合わせて土日に動かないといけないというケースが多々あるようです。さらに、商品の陳列を手伝うことも多く、単純なデスクワークだけを行っていればいい訳ではありません。また、食品メーカーにとって一番恐ろしいのがクレームです。ニュースでたまに流れる異物混入などは、現場の工場にとって大きな問題となります。そうした場合は工場内の調査を行うのと同時に、ノルマをこなさなくてはいけないため、残業が発生することがあるようです。

繁忙期はどのような職種にも存在し、食品メーカーも例外ではありません。そうした時期に忙しくなるのは仕方がないことと言えるでしょう。ですが、全体としてみると食品業界は比較的忙しくなることが少ない職種だということが出来ます。忙しくなるのは多くの場合、クレームに関わる問題だからです。そこについては人が関わる以上0にすることは難しくありますが、誠実な仕事をしていけば起きる確率を下げていくことは出来るはずです。つまり、真面目にやればそれはキチンと自分の利益として戻ってくると言えます。食品メーカーで激務を避けるには、普段からの働きがものを言うのです。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

条件別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.