正社員の食品メーカー求人

食品メーカー求人TOP >> 条件別の食品メーカー求人 >> 正社員

正社員の食品メーカー求人

食品メーカーは、様々な食品を作り、流通させる仕事をしています。「食品会社の正社員に転職する」と一口に言っても正社員の種類は多岐に渡るものです。精肉・鮮魚・青果といった生鮮食品と、パンや乳製品などの加工食品は別のカテゴリーであり、会社としては別のものになります。さらに、それぞれのカテゴリーの中でも種類は細分化されており、数多くの企業で成り立っているのです。しかし、基本的にビジネスモデルとしてはいずれも、原材料を買い付け、小売店などに卸すという形を取っています。加工食品であれば、生産部門を加えることも出来ます。食品メーカーに就職する場合、そのいずれかの部門に所属することになるでしょう。

食品メーカーにおいて、独特の部門としては主に研究・企画・生産・営業といった部門があります。まず、研究部門は新たな商品開発のために食品を調べたり、既に存在する商品をよりよくする方法を探したりします。範囲の広い仕事で、原材料の研究を行い最先端の生物学の研究に触れることもあるのです。企画部門で行われるのは、いわゆるマーケティングになります。市場調査を行い、より求められている商品を提案する仕事です。食品メーカーの利益に直結するため、重要な仕事と言えるでしょう。生産部門は現場で商品を作る仕事です。主な所としては工場などで商品を作る部門でしょう。

しかし、食品は衛生面や安全面が重要な商品です。品質保証にも関わるため、欠かすことが出来ません。そして、商品を実際の小売店や外食系の企業に売り込むのが営業部門です。特に社外の人間と接する機会が多い部門なので、コミュニケーション能力が求められます。前職の経験が活かしやすい部門ともいえるでしょう。こうした独自の部門では、食品に対する強い責任感が求められます。もちろん、一般の企業に存在するのと同じような部門が存在します。人事・経理・総務といった管理部門です。商品に直接携わることの少ない部門ですが、企業を成り立たせていく上では決して外すことが出来ない仕事ということが出来るでしょう。他業種で経験があれば、それは面接において強みとなります。

食品メーカーに就職するに当たっては、このように前職の経験を活かす余地があります。ですが、どの部門であっても共通する点は、大きな責任を求められるところです。食品は安全性が求められます。何か問題が起きれば、失った信頼を回復しなくてはいけません。そして、その責任を負うのが正社員です。食品メーカーの正社員は、他業種の正社員以上に厳しい勤務態度を求められます。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

条件別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.