食品メーカーの離職率

食品メーカー求人TOP >> 食品メーカー転職の基礎 >> 食品メーカーの離職率

食品メーカーの離職率

食品メーカーに転職を考えている方で、知りたい情報の一つに、離職率が高いのか低いのかということが挙げられます。離職率の高い業界である場合、やはり働く従業員には不平や不満を持っているということになりますから、出来ることならば転職は避けたいと思うのは当然でしょう。また、近年、様々なメディアで取り上げられているブラック企業であることも十分に予測出来ますから、業界全体の離職率が高い場合には、業界全体がブラックな労働環境がまかり通っている可能性が高いのです。

食品メーカーという狭い範囲をターゲットにした離職率のデータは、あまり存在はしていません。ただし食品業界という広い分野での離職率は15.6パーセントほどであり、様々な業界と比較しても非常に低いといえるのです。食品メーカーは製造業になり、食品小売業や外食産業も同じ食品業界ということになりますから、一概には言えませんが、特に食品メーカーの離職率は低いとされているのです。

食品メーカーは、大手で有名な企業が多く、模範となる企業であることを求められるため、給与面や労働環境や労働時間といったものが充実していることが多いのです。こういったことがあるため、待遇面が他業界の企業と比較して充実していることが多いため、離職率が低いといえるのです。他にも食品メーカーの研究職や、企画・開発職などは、自分が開発に関わった商品やCMで流れ、実際にスーパーなどで売られているのを見れば、高いやりがいを感じる傾向も強いことから、離職率が低いのです。

離職率が低い食品メーカーに転職をすることは、なかなかに難しいことなのです。離職率の高い業界であれば、とにかく人材が欲しいとして、求人を日常的に出していることが多いですが、離職率が低い業界の場合には、求人を見つけることが難しいからです。人材が十分に足りているわけですから、求人を出す必要もないのです。また、優秀な人材が欲しいといっても、公開求人を出すケースはほとんどありません。

食品メーカーのような離職率の低い業界へと転職をするには、転職エージェントの非公開求人で紹介をしてもらうという道が最もスタンダードな方法だと言えるでしょう。特定の食品メーカーが出している条件をクリアしていれば、問題なく転職エージェントから紹介をしてもらえるでしょう。ただし、業界の動向としては、原材料などの高騰によって、利益も横ばい、減少傾向にあることから、相当高い条件をクリアしないと紹介されることは難しいかもしれません。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.