食品メーカーの面接対策

食品メーカー求人TOP >> 食品メーカー転職の基礎 >> 食品メーカーの面接対策

食品メーカーの面接対策

面接における受け答えは採用如何を左右する大きなポイントとなります。事前に面接対策をしっかりと行っておくことは大切ですが、インターネットや面接対策本などから拾ってきたような当たり障りのない受け答えでは採用担当者の心に響くことはなく、採用を勝ち取るのは難しいでしょう。ここでは、食品メーカーでの面接における対策ポイントをご紹介しましょう。

どのような業種、どのような企業の面接でも必ず質問されるのが「志望動機」「自己PR」「企業側に対する質問事項」です。

まずは志望動機からポイントをご説明しましょう。志望動機では食品業界を選んだ理由、その食品メーカーを選んだ理由を述べる事になりますが、「食べることが好きだから」「その食品メーカーの商品が好きだから」といった漠然とした理由では採用担当者に印象付ける事はできません。ここでは具体的で明確な理由を示す必要があります。この時、食品業界の動向を普段からチェックしておくことが役立ちます。

たとえば近年は食品業界もグローバル化が進んでおり、日本の食品を海外へ売り出すことが盛んに行われるようになりました。そこで、「貴社のこの商品を海外で広めたいと考えた」といった動機が考えられます。また、食品においても健康志向が広まっていることから「貴社の商品の味やラインナップの特徴を残した健康食品を開発したいと考えた」といった動機もいいでしょう。また、食品メーカーであればどこでも構わないと受け取られないためにも、事前にそのメーカーの特徴をしっかりと調べておき、そこにフォーカスした理由を述べるのがいいでしょう。

自己PRでは、自分がその食品メーカーに対してどのような貢献ができるのかを具体的に述べます。志望動機で述べた内容を実現するための具体的なプランやその中における自分の役割を説明するのもいいでしょう。あなたの持つ、食品メーカーで活かせるスキルを余すことなく紹介するのも大切ですが、業務にあまり関係ないと思われるスキルについては内容が冗長になってしまうため控えた方がいいでしょう。特筆すべきスキルがない場合は、性格面をアピールするのもいいでしょう。特に近年は食の安全がたびたび話題になっているため、慎重さや作業の正確さ、堅実さなどはいいアピールポイントとなるでしょう。これらのスキルや性格がどのような業務においてどのように役立つのかをはっきりと伝えましょう。

最後に企業に対する質問です。ここで「特に質問はない」としてしまうと企業に対する興味がないととらえ兼ねられません。質問は事前にいくつか準備しておき、冗長であるととらえられない範囲で積極的に質問するとよいでしょう。ただし、給与や福利厚生など待遇にフォーカスした内容は控えましょう。

食品メーカーの求人探し向けのサイトはコレ!

リクルートエージェント
利用料金 完全無料
転職可能地域 全国ok
おすすめ度 ★★★★★
公式サイト 詳細

TOP

食品メーカー転職の基礎

職種別の食品メーカー求人

条件別の食品メーカー求人

人気の食品メーカー採用情報


Copyright (C) 2016-2017 食品メーカー転職ランキング【※求人が多いのはココ】 All Rights Reserved.